トラブル

[BMW Z4盗難]被害者が語るカーシェアのトラブル

[Z4盗難]被害者が語るカーシェアのトラブル

皆さん、こんにちは。
sugisanです。

2019年クソカーシェアオブザイヤーにsugisanが選ばれていたのはご存知ですか?
クソカーシェアオブザイヤー2019

皆さん、もしかしたらニュースで目にしたかも知れないあの事件。
実は僕だったんです!!

sugisanは被害者だった

この事件、知ってますか?
【特集】”カーシェア”で貸したBMWが「無断売却」って!?怒り収まらぬ被害者…”大手だから安心”に付け込む犯罪に注意

これ、2019年11月11日に放送されたニュースなんですが、
ここの出てるのが僕。すなわちsugisanです。

愛車のZ4が盗難の被害に遭いました。

この件は他の有名テレビ局から取材もあり、計5〜6社のニュース番組に、数社の新聞に取り上げられました。

積極的にツイッターや交流会で情報共有をしている方はご存知だと思いますが、実は2019年7月にNTTドコモが運営するdカーシェアというサービスを悪用され、新型Z4が盗難の被害に遭ってたのです。

この経験から皆様に言いたい事は2つです。
・トラブルマネジメントは必須
・トラブルは自己責任

忘れないでくださいね!
ではその根拠とは?

カーシェアリングとは

まずカーシェアとは何か?
個人間でクルマを貸し借りするサービスで、レンタカーよりも高品質の車を低価格で乗れる
また、オーナーは車を使って無い間だけ貸し出す事で維持費軽減や収益を目指せる

レンタカーとは違い、あくまでも「維持費を複数人で賄う」というものです。
また法律上、オーナーとドライバーの立ち位置は対等とされています。

カーシェアのメリット

ドライバー
高品質のクルマを低価格で乗れる
オーナー
維持費軽減や収益を期待できる

詳しくはこちらをお読み下さい。
Anyca(エニカ)を使ってないの?まだレンタカー?
Anyca(エニカ)は副業として成立するのか?
Anycaは儲かるのか?最高収益月25万のオーナーが解説

確認ですが、僕が被害に遭ったのはdocomoが運営するdカーシェアと呼ばれるものです。

私がおすすめしているDeNAと損保ジャパンが共同で運営するAnyca(エニカ)と呼ばれる個人間カーシェアリングプラットフォームではありません。

盗難に対してdocomo(dカーシェア)のサポートは?

では本題の戻ります。
僕は盗難の被害に遭った当日にdカーシェアに電話しました。

その時の回答は
dカーシェア「当事者同士で解決して下さい。本日含め3日間であれば相手ドライバーに連絡をしてみます。」

だけです。
嘘だと思うかもしれませんがちゃんと録音が残ってます笑

正直、私は150回以上のシェア経験もありカーシェアに慣れていますので驚きもしませんがこれが現実です

そして、繰り返しになりますがこの経験から皆様に言いたい事は
・トラブルマネジメントは必須
・トラブルは自己責任
の2つです。

実際の被害者がそう言うので間違いありません。
机上の空論で書いてるブログなんてあてにしてはいけませんよ!

ちなみに運営によるトラブルへの加入は、法の観点から出来ないと聞いた事がありますが定かではありません。
詳しくは専門家へお聞き下さい。

盗難に関して警察の対応は?

docomoは何もサポートしてくれませんでした。

では、警察はどうだったのか?
dカーシェアへの連絡後すぐに最寄りの警察署に電話をしました。

警察「カーシェアというサービスがよく分からない。確認してみます。盗難なのか?詐欺なのか?で対応が変わります。盗難届は保留でお願いします。」

まぁ、そうでしょうね。
この程度の事件で警察がすぐに動くわけありません。

もし、僕が盗難の対策をしていなければこのまま警察は動かず泣き寝入りでしょう。

しかし、後にある情報提供を行い動かざるを得ない状況に出来ました。

結果、警察の捜査のおかげで犯人逮捕に至りました。
ありがとう!

トラブル対応・予防は必須

150回以上のシェアを行えば当然トラブルも経験します。
些細な事も含めるとシェア数の約10〜20%にあたる15〜30回ほどトラブルを経験したと思います。
内容もすぐに解決したものから今も未解決のものまでピンキリです。

僕はいくつものトラブルを経験していて、いくつものトラブル予防策を講じています。

その証拠に今回の事件でも、盗難のリスクを事前に想定し予防策がうまく機能し自分の力で愛車を取り戻したからです。

しかも、この事件は3台のクルマ(すべてdカーシェア経由で盗難された)が同一犯に盗まれましたが3台ともオーナーの手元に戻っています

なぜでしょうか?

それは、sugisanがそれぞれの被害者オーナーに連絡を取り、オーナーに情報と証拠を共有して、警察はすぐに動かざるを得ない状況に運べたからです。
その為、迅速に3台の車がオーナーの手元に戻っています。

言い換えるのであれば、私がトラブルマネジメントとして盗難対策をしていなければ、3台のクルマは海外に運ばれていた可能性もあります。

起こり得るトラブルをリストアップしてそれに対する対策と予防策を書き上げて自分でトラブルマネジメントを行っているので愛車を取り戻せました。

これらの事から
・カーシェア運営を当てにせず自分で対応できる能力が必要
・万が一、解決出来なくても誰もサポートしてくれない
という事がわかります。

今回の事件についてどのような方法でクルマを取り返したのか?
について詳細はまだお伝え出来ませんが時期がくれば公開致します。

カーシェアの落とし穴

トラブル予防とてsugisanは神様では無いので完璧ではありませんでした。

実際に経験したからこそ分かった落とし穴が分かりました。

車両保険が適応されない

車両保険は盗難もカバーされます。

もちろんカーシェア中も適応されると思っていました。
しかし、現実は違いました。

今回の事件は最初から盗む気で免許証を偽造した計画犯罪です。
盗難には変わりないのですが、これは詐欺罪になります。
偽造免許証を使って騙し取ったから。

じゃ、詐欺と警察が判断したのならば車両保険は適応されません
盗難じゃないから。

逆に正規の免許証でシェアして、そのまま借りパクしたらどうなるのか?
この場合は横領罪になります。
返すつもりだったけど、借りパクしたから。

じゃ、横領と警察が判断したのならば車両保険は適応されません
盗難じゃないから。

ここはsugisanの予想も覆されました。

*車両保険が適応されるかどうかは保険会社の判断となります。その為、保険会社によって対応が変わる可能性有
*保険会社との裁判によって車両保険が適応される可能性有

免許証を偽造されると思っていなかった

これは僕のトラブルマネジメント不足です。

日常生活を送っている一般人からすると免許証を偽造するという発想は中々ないですよね?
僕もなかったです笑

故に、相手の免許証が偽造だと思いもしませんでした。

これが落とし穴でしたね。

今はある対策をしてるので恐らく大丈夫かな?と思ってます。
ここで言ったら犯人にバレるのでどのような対策かは言いません笑

トラブルは悪いことだけじゃない

ここで急展開です。
災難にも面倒な事件に巻き込まれたsugisanですが実は悪いことばっかりではありません。

良いこともありました。

自分のレベルが上がる

Anyca(エニカ)に出会い、カーシェアに出会い、トラブルを経験する毎に沢山の人に親切にサポートして頂いてます。

車屋さん、弁護士さん、保険屋さん、I Love Anycaのメンバー、僕一人では解決出来なかった事ですし自分自身の経験にもなりました。

結果論ですが、結局は自分自身で経験する事が一番だなと肌で感じました。

頭の中では完璧だと思っていても実践すればボロは出るので、そのボロを修正できればトラブルにも価値があると考えてます。

BMWのサポートが良かった

流石のBMWですね。
この事件でもかなりお世話になりました。

盗難の連絡をすると「BMWのネットワークを駆使して可能な限りサポートします!」と

実際には、Z4と共にスペアキーも盗まれた訳ですが
犯人がエンジンを始動できない様にそのスペアキーを遠隔で使用不可能にしてくれました。

深刻な状況でしたが「最新のクルマはすげぇ!」と興奮してました笑笑

他にも
・任意保険の補償範囲を確認して頂き最も被害が少なくなる様な案を
・車が戻ってきたタイミングで車両の点検を無償で
・車内・車外のクリーニングを無償で

担当者によって様々かもしてませんがBMWすべてのサポートが素晴らしかったです。

任意保険のサポートが良かった

僕の任意保険は損保ジャパン(BMW自動車保険)なのですが、この事件の担当者の方も素晴らしい方でした。

盗難事件に詳しく、補償可能な範囲の中で可能な限りサポートして頂けました。
上述した弁護士費用もここから出して頂いてます。
もちろん、特約なので等級は下げずに

損保ジャパンさんにもいつもお世話になってます。ありがとう!!

そして面白いのが、盗難の一報を担当者さんにすると僕よりも怒って「それは腹立ちますね!!」と
その甲斐あって逆に僕が落ち着きました。

名前忘れたけど心理学でありますね。
同じ対象者に複数人の仲間で怒ってる場合、仲間の怒りを見ると自分が落ち着くやつ笑

たくさんの経験ができた

やっぱり一番はテレビの取材ですね。

全部、ギャラは発生してないボランティアですが未経験のことだったので楽しくて数社の取材に応じましたね笑

大手テレビ局と、小さなテレビ局との対応の違いだったり笑
途中で飽きて数社は断りましけど笑

最後に

最初はクルマ好きが乗りたい車をシェアし合える画期的な個人間カーシェアサービスでしたが、広く認知される事によって悪い奴も増えてきました

僕はそんな奴を許せません。

カーシェアのトラブルで困ったオーナーさんは遠慮なく相談して下さい
共に戦いましょう

そして、
・盗難ツイートをリツイートして頂いた皆様
・情報提供して頂いた方
・犯人逮捕に一役買って頂いたクルマ屋さん
・警察関係者さん
・BMWグループさん
・損保ジャパンさん
・弁護士さん
・同被害者さん
・パートナーCARのメンバー
・各報道関係者さん
ありがとうございました。

まだ完全解決とはいきませんが、ひと段落してます。
引き続き見守って頂ければ幸いです。

カーシェアオーナー sugisan

まとめ

・しっかりトラブルマネジメントしてね
・協力して頂いた皆様ありがとう
・トラブルで困っていたらsugisanに連絡を

招待コードでパートナーになりませんか?

招待コード『sugisan0518』の特典はここがすごい 招待コードの特典アップ中