トラブル予防

カーシェア中のトラブル〜保険編〜

カーシェア中のトラブル〜保険編〜

どうも!
関西でBMW新型Z41シリーズ3シリーズをシェアしているsugisanです。

カーシェアオーナーとして30回程のトラブルを経験したので記事にしました。
また、この記事は前回の続きなので読んでない人は先に読んでね〜

カーシェア中のトラブル 〜事故・故障編〜

備えあれば憂いなし

前回の記事では車が事故られた時にどう行動すべきか?を解説しました。

保険編では
・事故られる前にどのような準備をしとけば良いのか
・いざと言う時に知っておくと役に立つ知識

の2点をご紹介します。

よく聞いて真似して下さいね。
俺は大丈夫やし!って思ってたら事故られてから後悔しますよ。

カーシェアの保険のお話

保険と言っても、2種類の「保険」が混在しているのでややこしいですね。
整理しながらお伝えします。

保険には
①1日保険(ドライバーが加入)
②任意保険(オーナーが加入)←超重要
の2種類あります。

シェア中のトラブル・事故は基本的に①1日保険を使います。
(等級が下がらないから)

しかし①1日保険は補償内容が薄いので、①1日保険では賄えないトラブル・事故は②任意保険で対処します。

②任意保険は、
②-①使用すると等級が下がるもの
②-②使用しても等級が下がらないもの
の2種類に細分化されます。

オーナーは②-②使用しても等級が下がらないものに加入しておく事が超重要です。
これを I Love Anycaでは「任意保険をエニカ仕様にする」と表現します。

エニカ仕様に変更しても保険料は月に数千円程度しか変わらないので年に1回でも使用すれば大変お得です。必ずセットしましょう。

任意保険をエニカ仕様にする

カーシェア中の事故・トラブルは

①1日保険
②-②等級が下がらないものも

を上手に使うのが基本です。

等級が下がらないものも

保険会社によって様々ですが

・代車特約
・弁護士特約
・ロードサービス

等あります

これらの特約が有ると、無いとでは大違いです。

具体的には
弁護士特約→シェア中のトラブルを弁護士に依頼しても0円
代車特約→ハイグレードの代車が0円。
ロードサービス→シェア中のドライバーの移動手段を確保してくれる(タクシー、飛行機、新幹線等も)

代車特約

ドライバーが損保ジャパンの一日保険に加入してた場合は上限5,000円/日の代車費用が最大30日間でます

ドライバーが東京海上日動の一日保険に加入してた場合は代車費用は出ません
ドライバーに請求することもできますがトラブルに発展する可能性が極めて高いです。

Anyca(エニカ)の1日保険に関してはこちらを参考に。

もしドライバーが東京海上日動の一日保険だったり、上限5,000円/日のレンタカー(コンパクトカークラス)が物足りない場合はご自身の任意保険に代車特約をセットして下さい。

オーナーが契約している任意保険に上限1.5万円/日などの代車特約がセットされていた場合はかなり高グレードの車種を用意出来ます。

I Love Anycaはレンタカー業も営んでおり、輸入車の代車も多数用意しております。
お気軽にご相談下さい。

保険会社によって代車特約が適応できる条件は異なるので要確認です。

弁護士費用特約

シェア中のトラブルを弁護士に依頼しても0円で解決してくれます。
CtoCビジネスはトラブルが多いのでオーナーは必ずセットして下さい。

僕はこの特約で助けられた事例があるので興味がある方はこちらをどうぞ。
車が盗難の被害に遭い弁護士にお願いして犯人に請求したお話です。

シェア中に車を傷付けられたのですが相手が非を認めず弁護士費用特約を利用して相手を訴訟した経験もあります。

Z4盗難事件も対応したカーシェア に強い弁護士のご紹介も可能です。
遠慮なくご相談下さい。

保険会社によって弁護士費用特約が適応できる条件は異なるので要確認です。

等級が下がるもの

②-①使用すると等級が下がるもの

のお話です。

等級が下がるのでなるべく使いたくありませんが、等級ダウンよりもベネフィットが上回る事案もあります。

車両補償

シェアしているクルマの価値が300万円を超える場合は検討して下さい。

事故られた場合の修理費はドライバーが加入している1日保険を使って修理をします。
しかし車両保険の上限が300万円なので車の価値が300万円以上の場合は修理費が足りず足がでます

差額を一括で支払えるドライバーはどのくらいいるでしょうか?

差額全て回収するには相当の期間と労力を費やすのは容易に想像できます。

そこで自分の任意保険を見直しましょう。

sugisanの任意保険

年齢制限:21歳以上
対象者:全ての人

と範囲を広めにとってます。

任意保険の限定を外す事で他人が運転してても700万円まで補償される様にリスクマネジメントをしてます。

もちろん3等級ダウンして約30万円ほど保険料が高くなりますがドライバーに負担して貰います。

1日保険のみの場合

免責10万円+修理費の差額

任意保険使用の場合

免責0円+保険料増額分

どちらが賢明かは一目瞭然ですね。

制限を解除する事で保険料は高くなるのでリスクとの兼ね合いです。

故障特約

新車購入直後であれば心配無用ですが、中古車を購入し運用するのであれば故障のリスクも考える必要があります。

通常の任意保険は「事故」のみ補償してくれます。
しかし損保ジャパンには「故障」も補償してくれる「故障運搬時車両損害特約」があります。

シェア中のエンジンブローなど、自走不能な故障を最大100万円まで補償してくれますが、その代償として1等級ダウンします。

等級は下がるものの、この特約で修理出来れば、オーナー・ドライバーの負担額が減り無駄な争いを防げます。

もし、1等級ダウンで年間保険料が+5万円だったとしても、それをオーナー・ドライバーで折半すれば丸く収まります。

こちらで記事にしているので興味があれば是非。
オーナーは加入必須!?日本初の故障特約付き自動車保険

損保ジャパンだけでなく他の保険会社にも同様のサービスをしてる可能性あり。

最後に

今回も最後まで読んで頂きありがとうごいざいました。
オーナーの方に少しでも役に立てば幸いです。

次はカーシェア中のトラブル〜事前準備編〜です。
よければどうぞ!

もし、
・ご自身で対応出来ない
・対応できるが面倒
・一応、聞いておきたい
などあれば、修理工場・保険代理店・レンタカー業の顔を持つ I Love Anycaに遠慮なくご連絡下さい。
(事故・損傷の対応代行)

カーシェアオーナー sugisan

まとめ

・保険には2種類ある
・任意保険をエニカ仕様にする
・わからない事は相談する

招待コードでパートナーになりませんか?

公式LINEからAnycaの特典GET