トラブル予防

カーシェア中のトラブル〜事前準備編〜

カーシェア中のトラブル〜事前準備編〜

事故・故障編保険編、に続き今回は事前準備編です。

トラブルが起きることを前提にしっかりと土台を固めておきましょう。

では早速紹介していきます。

修理先工場を先に決めておく

事故があってから修理先工場を探すと、あたふたして満足できる工場を見つけれない事が多々あります。

修理は保険会社がおすすめする修理工場では無く自分が信用できる工場にしましょう。

僕の実例


シェア中にドライバーさんが事故に遭いシェアしていた車が走行不能となりました。
私は関西を離れていた為ドライバーさんの救助に向かえず…
しかし事前に修理工場を決めているので、一日保険のロードアシスタントに「〇〇工場にレッカー搬送をお願いします。」と伝えました。
この旨を修理工場にも伝えて後は丸投げです。

保険会社さんと修理工場の担当者さんが対応してくれるのでオーナー(sugisan)の拘束時間も最初の30分の電話だけです。

また、ドライバーさんの事故対応時間も最小限に抑えれましたし、何より僕自身がトラブル対応に慣れているので安心して頂けたと思っています。

もし仲の良い修理先の工場が無く不安な方や、今困っている方はsugisanに相談して下さい。
大阪の工場ですが本州であれば積載車に代車を乗っけて行けますし、プラスアルファのメンテナンス等同時に可能です。

オーナーのsugisanがお勧めするので、オーナーの方に損はさせません

信頼できる修理工場があるかないかで収益や車の価値が大きく変わる

弁護士を先に決めておく

全てのトラブルは初期対応が大事です。

修理先工場と一緒で事前に決めておくほうがトラブルがあった際にすぐに対応できるのでお勧めです。
その都度弁護士さんを探してたら対応が遅くなりますしね。

盗難の件でも事故の件でも弁護士さんにはお世話になってます。
[BMW Z4盗難]被害者が語るカーシェアのトラブル

また弁護士費用の保険はご存知ですか?
弁護士保険「mikata/ミカタ」[プリベント小額短期保険株式会社]

Anycaオーナーの方に教えて貰ったのですが3,000円/月〜で弁護士費用の保険に加入出来ます

自動車保険の弁護士特約もいいですが適応範囲が限られています。
ダブルで保険を掛けとくとより安心できるのでsugisanはもちろん加入してます。

クルマ好きが趣味で楽しむカーシェアリングを悪用する奴らには法で痛い思いをさせましょう

責任分担の項を明確にしておく

後からドライバーにいちゃもんを言われても面倒なので最初から双方で取り決めをしときましょう。

損害発生時の責任分担

損害発生時の責任分担の項目に事前に重要な事は記載して下さい。
駄々っ子ドライバーに付き合うのは時間もお金も勿体ないですから。

これらのフォーマット全てをオーナーサロンで配布しております。

すっとぼけパターンの対処法

「最初からありましたよ。」
「本当に僕が付けた傷ですか?証明できますか?」

私は、シェアの貸出時・返却時共にGoProを使って四方八方から動画撮影をしています。なので、相手が何を言ってきてもシェア中に傷が付いた事を証明できます

意味不明パターンの対処法

「すみません。僕の知り合いの板金屋に限り修理代を出します。」
「払いますがすぐには用意できません。毎月1万ずつ返します。」
「その修理費に納得がいきません。半分だけなら払います。」

いや、知らねーよ。馬鹿かお前は!
駄々こねるんじゃねーよ。

なんて事は言えないのでスマートに対処しましょう笑

知っておくと役に立つ知識

ドライバーの移動・宿泊費用が出る場合がある

旅先で事故して緊急で宿に泊まったりタクシーで帰ったとします。
もしかするとオーナーが加入している任意保険で補償される場合があります。

事故を起こしたのはドライバーですしオーナーには何のメリットもない様に思えますが、最終的にはドライバーから免責10万円を回収する必要があり、宿代・タクシー代などの諸費用がかかるとドライバーは精神的にも金銭的にもしんどいです。

特約なのでオーナーの等級は下がりませんし使ってあげるに越した事はありません。

ちなみに僕はBMW保険に加入しているのでZ4が走行不能になった時、ドライバーさんはファーストルームに泊れて、飛行機はビジネス以上で帰ってこれます。

ドライバー「事故を起こしてしまったにも関わらず、10万円以上のサービスをオーナーさんが用意してくれた」
と思って頂ければ免責10万円の回収も容易ですし、今後のリピーターさんになり得ます。

トラブル対応時にオーナー力が発揮される事を忘れないようにしましょう。

メーカー専用の自動車保険がある

BMWにはBMW自動車保険と呼ばれるものがあります。
窓口がBMWなだけで保険自体は損保ジャパンor東京海上日動の好きな方を選べます。

BMW自動車保険には独自のサービスが存在します。
例えばBMW EXTRA CARE

BMW自動車保険の補償とは別に、フロント・ガラスとドア・ミラーを補償する「BMW EXTRA CARE」。無償で付帯されるドライビング・サポート「BMW EXTRA CARE」によりBMWの駆けぬける歓びと安心のカーライフを堪能できます。

保険自体は損保ジャパンか東京海上日動なので保険料金は変わらないけどBMW経由で加入する事で+αのサービスが付帯されます。

これはメルセデス・ベンツやレクサスにも存在します。

一度調べてみては以下かでしょうか?

最後に

いかがでしたか?

上記のことをオーナーが事前に準備していれば、カーシェアも怖いもの知らず。

sugisanが約3年かけて構築した土台を皆様にお伝え致しました。

・ご自身で対応出来ない
・対応できるが面倒
・一応、聞いておきたい

などあれば、修理工場・保険代理店・レンタカー業の顔を持つ I Love Anycaに遠慮なくご連絡下さい。
(事故・損傷の対応代行)

カーシェアオーナー sugisan

まとめ

・備えあれば憂いなし
・トラブルありきで土台作り
・わからない事は相談する

招待コードでパートナーになりませんか?

公式LINEからAnycaの特典GET